ご挨拶

薬眞堂薬局 小手指店店内 皆様 こんにちは。薬眞堂薬局です。薬眞堂薬局では30年以上の豊富な経験を持つ薬剤師がご相談を伺っております。

 中医学漢方では陰陽の調和、気血津液・五臓六腑の円滑な機能の維持によって、恒常性が保たれ健康でいられると考えられています。それが崩れると体調も崩れ病気になる事もあります。

 ですから中医学漢方において身体の状態の把握は重要なポイントです。不妊症・更年期障害・生理痛・生理不順など気血精の不足、また気血の巡りの悪い状態の事が多く、それには肝・腎・脾が深く関わります。腰痛・関節痛・坐骨神経痛も肝腎の衰えが元になっている事が多く、アトピー性皮膚炎は脾が関わっている事がよくあります。

 このような中医漢方の見方に立ち、確かな弁証論治の力で 自然治癒力を高める身体作りをしていきませんか?

 是非お気軽にご相談下さい。

薬眞堂薬局からのお知らせ!

もうインフルエンザが流行っている所があります!
“うがい・手洗い・板藍根”を忘れずに!

秋は五行の金五臓の肺(腑は大腸)と関係しています。
肺は燥を嫌いますが、夏の暑さ・汗・軟便や下痢による水分の摂り込み不足により秋口肺は津虚や陰虚になっている事が良く見られます。
咽喉や鼻の乾燥感がある人は八仙丸を、夏バテ状態の人は麦味参顆粒を、空咳が出る人は潤肺糖漿または麦門冬湯を飲み乾燥の季節に備えましょう(未病先防)
白龍散も乾燥を防ぎ咽を滑らかにする食品ですから利用してください。

◆9月の第3木曜日の午前は中医学講座を行います
*『気血津液精の話』
  9月19日(木)午前10時30分から12時00分まで
  費用:資料代として500円(当日)
  お申し込みは9月17日(金曜日)までにお電話下さい
   ☏ 04-2958-2906
◇狭山台店 第3木曜日は定休日です

最新記事

  • 病気と漢方

    秋口は抜ける・切れる・パサパサになったなどの髪の悩み・カサカサやシミなどの肌の悩みが増えると思います。 夏の紫外線のせい? そればかりではないかもしれません。 肌や髪は血の滋養作用によって栄養され、潤っていますし、また津 …

    『肌や髪の秋バテ』

  • 私達の勉強会

    関節の病気 中医学で関節痛や筋肉痛などは『痺証』の範疇で考えます。 今月は『補腎活血法による骨痺・骨痿・骨蝕の中医学治療』について広州中医学大学第一付属病院骨傷センター長の何 偉先生の講演会で勉強してきました。 演題にあ …

    令和元年7月勉強会 講演(何偉先生)

  • 病気と漢方

    糖尿病は尿に糖が出るからついた名前です。 尿がドロドロした感じになって甘い匂いがする病気を『消渇』といいます。 「多飲・多食・多尿・身体消痩を以て消渇、或いは尿濁、尿有甜味を特徴とする病気」 と定義されています。 糖尿病 …

    『中医学で考える2型糖尿病』

子宝相談

中医学漢方で身体づくりしましょう。

元気な赤ちゃん 中医学漢方で身体作りするならば、中医学漢方の理論が大切です。何故なら、薬効で使うのでなく、身体のバランスのひずみを少しでも改善する為のアプローチだからです。

 

 

二七にして天癸至り、任脈通じ、太衝の脈盛んにして、月事時を以って下る。故に子有り。

 月事時を以ってくだるとは月経がはじまるという意味です。腎は生長・発育・生殖を主るといって、人の発育は腎気の充実を関係しています。二七(14歳)くらいになると腎気は益々盛んになって天癸(生殖機能の成熟を促す物質で腎気と密接な関係がある)至りる。

 そして衝任の二脈に通じて子供できるようになります。これは脾・肝・腎と血海(胞宮)をつないでいます。ですから生殖機能において腎は重要ですが、肝・脾も重要です。ただし五臓は相生相克で関係している事も忘れてはいけません。また督脈・帯脈も胞宮の正常な生理機能の保持に大切です。

月経周期に合わせて漢方を考える。

妊娠中 基礎体温をみると女性の身体には周期がある事がわかります。ちょうど夜と昼が繰り返しくるように、低温期と高温期が繰り替えされます。低温期は陰 高温期は陽の時期にあたります。

 また月経期は陽が極まって陰に転化、排卵期は陰が極まって陽に転化するという動きのある時期です。この考えに合わせて漢方や漢方食品を運用していきます。

痰湿瘀血が正常な営みを邪魔している。

 痰湿や瘀血は経絡や血脈の気血の流れを阻害するものです。これらは病理副産物ですが、なぜこの状態になったかを考えて 解消する必要があります。

寒と熱

 胞宮をとりまく環境は冷えも熱もよくありません。冷えて血行がわるくなれば瘀血のもとですし、熱は気や精血の消耗につながります。熱はストレスと関係した肝鬱化火や陰虚による虚熱、また 血熱や心肝火旺などいろいろな状態が考えられます。

 自分の状態を知って身体づくりしましょう。

『肌や髪の秋バテ』

秋口は抜ける・切れる・パサパサになったなどの髪の悩み・カサカサやシミなどの肌の悩みが増えると思います。

夏の紫外線のせい?
そればかりではないかもしれません。

肌や髪は血の滋養作用によって栄養され、潤っていますし、また津液も滋潤作用によって潤っています。
血・津液は気の推動力によって隅々まで運ばれます。
つまり気血津液が充実していれば肌も髪も艶やかです。

荒れた肌や髪をケアしようと、化粧水でパックやピーリングで古い角質を除く等、色々外からアプローチすると思います。
でも内からのアプローチも大事です。

夏は五行の火の季節で、五臓では心、腑では小腸、五気では暑です。
暑邪は炎熱で湿邪を伴いやすいといいます。
湿邪は胃腸を障害しやすい特徴あります。
炎熱の気候で乾燥し、汗を沢山かくことで乾き、胃腸を障害する事で水分や栄養の吸収がわるくなるという3方向から乾燥に向かいます。

「水は沢山飲んでいたから大丈夫」
そうでしょうか?
軟便や下痢になっていなかったでしょうか?
水分ばかり飲みたくて食事がおろそかになっていませんでしたか?

【脾胃と美容】
美肌や艶のある髪のケアはまず胃腸です。
胃腸が弱ければ気血がつくられません。
脾胃の働きが弱いと食欲不振・軟便、下痢の症状や疲れやすくやる気が出ないなどになりやすくなります。
脾胃は気血を作る源ですから弱っている状態では髪や肌に気血がとどかず滋潤できません。

下痢っぽい状態が続いているときは脾の働きを高め余分な湿を除ける健脾散顆粒を
めまい・立ち眩み・疲れやすいなどの中気が落ち込んでいる症状にはホイオー錠を
食欲がなく胃の調子が悪い時は健胃顆粒を
眠りが浅く疲れがとれない時は心脾顆粒を
くしゃみ・鼻水・膨疹などのアレルギー症状が出る時は勝湿顆粒を飲んでみて下さい。

【血と美容】
血の滋潤作用と血の循環は美肌や艶のある髪にとって大事です。
血が不足するとドライスキンになります。

髪は女性ホルモンと関係しているといわれます。中医学においては血の道といわれる所と関係が深いです。
『肝は血を蔵す』といい血の充実は肝血の充足につながり、肝の疏泄という気の流れをスムーズに行う働きも良い状態となります。
肝血の充実・円滑な疏泄機能があれば肌や血の余りといわれる髪を健やかにするばかりでなく、気候の変動や環境の変化、ストレスにも強くなります。

また肝血の充実は相生関係の心血の充実にも関係しているので、心もゆったりして些細な出来事では動ぜず、睡眠も安定します。
だから血を補う事は美容以外の健康面にも役立ちます。

しかし夏の暑さで血を消耗したり、夏に水っぽいものばかり摂っていて血になる物を食べなかったり、胃腸を傷めて食欲がなく摂り込めなかったりすると血不足になります。

血不足の人は
血のめぐりをよくして血を補い温める婦宝当帰膠
お腹が冷えて張る、浮腫みやすいなどの時はフラーリンQ
ストレスに弱く落ち込んだりイライラしたりは逍遥散をお試し下さい。

【津液と美容】
最近は水分補給についてテレビやいろいろな場面で言われているので脱水気味の人は少ないと思います。
しかし年齢を重ねると細胞の保水力みたいなものが不足してそもそもみずみずしくなくなっているので、脱水気味になるまでの貯蓄がありません。
ただの水ではなく骨付き鶏肉を煮込んだスープなど、栄養豊富なスープを飲んでください。
鶏ガラの野菜スープ・昆布や煮干しでだしをとった味噌汁などスープ類は身体にやさしい補水液だと思っています。

漢方の食品としては美肌オイルの紅沙棘や艶麗丹があります。
艶麗丹には哈士蟆油が入っています。これは清朝宮廷に献上された美容に良い高級食材です。

美肌や艶やかな髪は内側から!
潤そうと水やりしても砂のような土で保水力がなければ水も栄養も留める事ができません。
まず土づくりが大切です。