ご挨拶

薬眞堂薬局 小手指店店内 皆様 こんにちは。薬眞堂薬局です。薬眞堂薬局では30年以上の豊富な経験を持つ薬剤師がご相談を伺っております。

 中医学漢方では陰陽の調和、気血津液・五臓六腑の円滑な機能の維持によって、恒常性が保たれ健康でいられると考えられています。それが崩れると体調も崩れ病気になる事もあります。

 ですから中医学漢方において身体の状態の把握は重要なポイントです。不妊症・更年期障害・生理痛・生理不順など気血精の不足、また気血の巡りの悪い状態の事が多く、それには肝・腎・脾が深く関わります。腰痛・関節痛・坐骨神経痛も肝腎の衰えが元になっている事が多く、アトピー性皮膚炎は脾が関わっている事がよくあります。

 このような中医漢方の見方に立ち、確かな弁証論治の力で 自然治癒力を高める身体作りをしていきませんか?

 是非お気軽にご相談下さい。

薬眞堂薬局からのお知らせ!

もうインフルエンザが流行っている所があります!
“うがい・手洗い・板藍根”を忘れずに!

秋は五行の金五臓の肺(腑は大腸)と関係しています。
肺は燥を嫌いますが、夏の暑さ・汗・軟便や下痢による水分の摂り込み不足により秋口肺は津虚や陰虚になっている事が良く見られます。
咽喉や鼻の乾燥感がある人は八仙丸を、夏バテ状態の人は麦味参顆粒を、空咳が出る人は潤肺糖漿または麦門冬湯を飲み乾燥の季節に備えましょう(未病先防)
白龍散も乾燥を防ぎ咽を滑らかにする食品ですから利用してください。

◆10月17日(3木曜日)の午前は中医学講座を行います
*『中医学による目の話』
  10月17日(木) 10:30~12:00
  費用:資料代として500円(当日)
  お申し込みは10月12日(土曜日)までにお電話下さい
   ☏ 04-2958-2906
狭山台店 第3木曜日はお店はお休みです

最新記事

  • 私達の勉強会

    中医眼科 9月15日成都中医薬大学附属病院の眼科の老中医(名医)の廖品正教授が先生に師事2人の教授とともに来日したので、講演を聴いてきました 廖先生の講義 西洋医学的には独立して考える『目』も身体全体(五臓六腑)と経絡で …

    令和元年9月勉強会 眼科の講演

  • 病気と漢方

    秋口は抜ける・切れる・パサパサになったなどの髪の悩み・カサカサやシミなどの肌の悩みが増えると思います。 夏の紫外線のせい? そればかりではないかもしれません。 肌や髪は血の滋養作用によって栄養され、潤っていますし、また津 …

    『肌や髪の秋バテ』

  • 私達の勉強会

    関節の病気 中医学で関節痛や筋肉痛などは『痺証』の範疇で考えます。 今月は『補腎活血法による骨痺・骨痿・骨蝕の中医学治療』について広州中医学大学第一付属病院骨傷センター長の何 偉先生の講演会で勉強してきました。 演題にあ …

    令和元年7月勉強会 講演(何偉先生)

子宝相談

中医学漢方で身体づくりしましょう。

元気な赤ちゃん 中医学漢方で身体作りするならば、中医学漢方の理論が大切です。何故なら、薬効で使うのでなく、身体のバランスのひずみを少しでも改善する為のアプローチだからです。

 

 

二七にして天癸至り、任脈通じ、太衝の脈盛んにして、月事時を以って下る。故に子有り。

 月事時を以ってくだるとは月経がはじまるという意味です。腎は生長・発育・生殖を主るといって、人の発育は腎気の充実を関係しています。二七(14歳)くらいになると腎気は益々盛んになって天癸(生殖機能の成熟を促す物質で腎気と密接な関係がある)至りる。

 そして衝任の二脈に通じて子供できるようになります。これは脾・肝・腎と血海(胞宮)をつないでいます。ですから生殖機能において腎は重要ですが、肝・脾も重要です。ただし五臓は相生相克で関係している事も忘れてはいけません。また督脈・帯脈も胞宮の正常な生理機能の保持に大切です。

月経周期に合わせて漢方を考える。

妊娠中 基礎体温をみると女性の身体には周期がある事がわかります。ちょうど夜と昼が繰り返しくるように、低温期と高温期が繰り替えされます。低温期は陰 高温期は陽の時期にあたります。

 また月経期は陽が極まって陰に転化、排卵期は陰が極まって陽に転化するという動きのある時期です。この考えに合わせて漢方や漢方食品を運用していきます。

痰湿瘀血が正常な営みを邪魔している。

 痰湿や瘀血は経絡や血脈の気血の流れを阻害するものです。これらは病理副産物ですが、なぜこの状態になったかを考えて 解消する必要があります。

寒と熱

 胞宮をとりまく環境は冷えも熱もよくありません。冷えて血行がわるくなれば瘀血のもとですし、熱は気や精血の消耗につながります。熱はストレスと関係した肝鬱化火や陰虚による虚熱、また 血熱や心肝火旺などいろいろな状態が考えられます。

 自分の状態を知って身体づくりしましょう。

令和元年9月勉強会 眼科の講演

中医眼科

9月15日成都中医薬大学附属病院の眼科の老中医(名医)の廖品正教授が先生に師事2人の教授とともに来日したので、講演を聴いてきました

廖先生の講義

西洋医学的には独立して考える『目』も身体全体(五臓六腑)と経絡で繋がってるので、五臓六腑や気血津液など全面的に考えて弁証論治を行う事で的確な治療ができます

また、視機能検査・眼前部検査・内眼検査・眼圧検査など現代医学の検査は望診を更に深く行った事になるので、より弁証に役立ちます

五輪学説からも目と臓腑の関係をみる事ができます

局部の弁証と全身の弁証を合わせて考えます。

色々な症例からみると眼瞼炎が脾胃の湿熱や肺陰虚と関係していたり、眼底出血が脾の統血不足によるものだったり、別の出血では肝腎不足と脈絡の瘀血だったりと弁証は多岐に及んでいます

症状にあわせて手術など西洋医学の治療と合わせてベストな治療をめざしておられます

明目の効能がある中薬は枸杞の実・決明子・石決明・菊花・桑葉などで石決明は退翳の働きがある為白内障など角膜の病気に使われます
石決明散という方剤があり、石決明・決明子・赤芍・麦門冬・羗活・山梔子・大黄その他の中薬で構成されています。
石決明を用いたものに睛明丹ありますが「目のかすみにいい」といってみなさん数回分お持ちになります

症例の中には視神経の萎縮の症例もあり、肝腎虚損・気虚血瘀と弁証し、滋補肝腎・益気活血通竅と論治、駐景丸を用いある程度の回復をみた症例もありましたし、外傷により視力が0.15になった27歳の男性が養血活血の方剤で0.7まで回復したという症例もありました
本当に驚きですが、滋補肝腎や養血・活血という方法により持っている治癒力が引き出せたのではないでしょうか

また、目の手術後中医薬により回復が良いとの事で各手術後の中薬使用の着眼点についての話がありました

路先生の講義 ―ドライアイの中医薬治療―

涙は津液です。水液代謝と関りのある肺・脾・腎の臓腑機能に注意するのはもちろんの事、涙は肝の液ともいわれ肝の考えに入れる重要な臓腑で

肺陰虚・・・肺の潤い不足
脾胃湿熱・・・湿と熱がともにあれば乾きべたつくイメージです。
粘ったものが涙の流れる道を塞げばドライアイになります
肝腎を損ねて、肝や腎の機能が不足したり、陰血が不足すると潤わす力不足になります。

*乾くとはどういう事か?と考えれば

①潤す力の不足
②熱で乾く
③潤す為の水や栄養を運ぶ通路の流れが悪い

などが考えられます

よく使われる中薬は

枸杞子・・・滋補肝腎・益精明目
石決明・・・平肝濳陽・益陰明目
黄精・・・補気養陰・健脾潤肺
菊花・・・清肝明目・清熱平肝・疎散風熱

李先生の講義 ―緑内障の治療における中医薬の役割―
緑内障・・・視神経の萎縮、視野欠損
治療に関する着眼点

①眼圧(薬物治療(点眼薬を含めた)・レーザー手術・中医薬、中薬)
②良好な血液循環

*眼圧を下げるのは西洋医学的治療が速やかです
 しかし低眼圧緑内障もあります
 視神経を守るには 滋補肝腎・活血通絡・利水降圧の方法をとります
                 ⇓
           杞菊地黄丸+複方丹参飲(丹参・田七・氷片)
           中薬(石決明・決明子・二至丹・霊芝・地竜など)
イスクラの睛明丹は中医学的には(清肝明目・平肝熄風・袪風通絡・滋補肝腎)