ご挨拶

薬眞堂薬局 小手指店店内 皆様 こんにちは。薬眞堂薬局です。薬眞堂薬局では30年以上の豊富な経験を持つ薬剤師がご相談を伺っております。

 中医学漢方では陰陽の調和、気血津液・五臓六腑の円滑な機能の維持によって、恒常性が保たれ健康でいられると考えられています。それが崩れると体調も崩れ病気になる事もあります。

 ですから中医学漢方において身体の状態の把握は重要なポイントです。不妊症・更年期障害・生理痛・生理不順など気血精の不足、また気血の巡りの悪い状態の事が多く、それには肝・腎・脾が深く関わります。腰痛・関節痛・坐骨神経痛も肝腎の衰えが元になっている事が多く、アトピー性皮膚炎は脾が関わっている事がよくあります。

 このような中医漢方の見方に立ち、確かな弁証論治の力で 自然治癒力を高める身体作りをしていきませんか?

 是非お気軽にご相談下さい。

薬眞堂薬局からのお知らせ!

梅雨の頃、勝湿顆粒の欲しい時期となりました。
身体は環境に影響を受けるので湿邪に注意する時期です
身体が重い・頭が重い・お腹の調子がわるいなど湿邪の影響を受けるときは勝湿顆粒を飲んでみて下さい。
皮膚は内臓の鏡と言われますが、この時期の皮膚の状態は胃腸と関係している事も多くみられます。五行草茶を飲んでおきましょう。

これから暑くなると暑邪が身体に影響します。
暑邪は炎熱の邪気で湿も絡んでいます。心は五行の火で炎熱により炎上すると血脈にも影響しますし、眠りや思考にも影響します。
『暑熱が外迫して発汗が過多になるために傷津がおこり、津液とともに気も外泄するので気津両傷が発生する』…これは方剤学の生脈散(麦味参顆粒)の病機の一部ですが熱中症の熱疲労の状態です。
夏の間、体力のない人は毎日・体力のある人もお出かけする時やスポーツをする時に麦味参顆粒を服用して元気に過ごしてください。

◆7月の第3木曜日の午前は中医学講座を行います
*『気血津液精と五臓六腑の話』
  7月18日(木)午前10時30分から12時まで
  費用:資料代として500円(当日)
  参加する方は準備の都合がありますので7月16日(火曜日)までにお電話下さい
   ☏ 04-2958-2906
◇狭山台店 第3木曜日は定休日です

最新記事

  • 病気と漢方

    糖尿病は尿に糖が出るからついた名前です。 尿がドロドロした感じになって甘い匂いがする病気を『消渇』といいます。 「多飲・多食・多尿・身体消痩を以て消渇、或いは尿濁、尿有甜味を特徴とする病気」 と定義されています。 糖尿病 …

    『中医学で考える2型糖尿病』

  • 病気と漢方

    40歳を超えてそろそろ心配になるのがインスリンの分泌や働きに問題がある2型糖尿病です。 40歳はそろそろ身体の衰えを感じ始める時期です。 黄帝内経の霊枢に10歳ごとの身体の変化が書かれていて40歳を頂点として衰えが見え始 …

    『食後の高血糖を中医学で考える』

  • 私達の勉強会

    4月7日8日に行われたアジア太平洋地域中医薬サミットに参加しました 中医学の学会のようなもので生殖医学・皮膚科・鍼灸の分野で論文を出している先生方の講演を同時通訳で聞く事ができました 7日午前は選択制だったので、画像も参 …

    平成31年4月中医薬サミット

子宝相談

中医学漢方で身体づくりしましょう。

元気な赤ちゃん 中医学漢方で身体作りするならば、中医学漢方の理論が大切です。何故なら、薬効で使うのでなく、身体のバランスのひずみを少しでも改善する為のアプローチだからです。

 

 

二七にして天癸至り、任脈通じ、太衝の脈盛んにして、月事時を以って下る。故に子有り。

 月事時を以ってくだるとは月経がはじまるという意味です。腎は生長・発育・生殖を主るといって、人の発育は腎気の充実を関係しています。二七(14歳)くらいになると腎気は益々盛んになって天癸(生殖機能の成熟を促す物質で腎気と密接な関係がある)至りる。

 そして衝任の二脈に通じて子供できるようになります。これは脾・肝・腎と血海(胞宮)をつないでいます。ですから生殖機能において腎は重要ですが、肝・脾も重要です。ただし五臓は相生相克で関係している事も忘れてはいけません。また督脈・帯脈も胞宮の正常な生理機能の保持に大切です。

月経周期に合わせて漢方を考える。

妊娠中 基礎体温をみると女性の身体には周期がある事がわかります。ちょうど夜と昼が繰り返しくるように、低温期と高温期が繰り替えされます。低温期は陰 高温期は陽の時期にあたります。

 また月経期は陽が極まって陰に転化、排卵期は陰が極まって陽に転化するという動きのある時期です。この考えに合わせて漢方や漢方食品を運用していきます。

痰湿瘀血が正常な営みを邪魔している。

 痰湿や瘀血は経絡や血脈の気血の流れを阻害するものです。これらは病理副産物ですが、なぜこの状態になったかを考えて 解消する必要があります。

寒と熱

 胞宮をとりまく環境は冷えも熱もよくありません。冷えて血行がわるくなれば瘀血のもとですし、熱は気や精血の消耗につながります。熱はストレスと関係した肝鬱化火や陰虚による虚熱、また 血熱や心肝火旺などいろいろな状態が考えられます。

 自分の状態を知って身体づくりしましょう。

『中医学で考える2型糖尿病』

糖尿病は尿に糖が出るからついた名前です。
尿がドロドロした感じになって甘い匂いがする病気を『消渇』といいます。
「多飲・多食・多尿・身体消痩を以て消渇、或いは尿濁、尿有甜味を特徴とする病気」
と定義されています。
糖尿病とは書かれてはいません。
症状がなにもなくても現代は血液検査によって血糖値を知ることができます。
つまり消渇よりももっと以前に糖尿病になりそうだ・・と知る事ができます。

消渇の原因は素体陰虚・飲食不節・情志失調・労欲過度
病気の進みは上消・中消・下焦のように肺・胃・腎と進んでいきます。
病気の本質は陰虚で症状に対する対応は燥熱です。
肺熱・胃熱が強い状態だと津液・陰液はさらに不足して陰虚の状態が酷くなっていきます。

津液を失わないためにもその熱を冷まして津液を補っておかないと身体が陰虚になってしまいます。

陰虚になると虚火(いらないエネルギー)が身体の機能を動かします。
血糖値の上昇にもつながると思います。

そもそも血糖はエネルギー産生に必要です。
血糖は恒常性をもって一定に保たれています。
血糖値が低くなりすぎると危険です。
脳が働けなくなって意識障害を起こし死に至ることもあります。

私達はいつでも身体に対して食物を摂取できるわけではありません。
時に忙しくて昼ご飯が食べれば買ったなどという事もあると思います。
それでも低血糖にならずにすんでいるのは食物が入ってこなくても貯蓄した分を使って血糖をつくっているからです。
これが身体のもつ恒常性です。

中医学でいう陰陽のバランスは身体の恒常性維持に大切です。
陰虚とは陰が足りない状態ですので滋陰という方法で陰を扶助しなくてはいけません。
陰虚だと虚熱が生じます。
この虚熱といういらないエネルギーが身体を不必要に動かします。例えば分泌しないで良いものを分泌させたり、神経を興奮させたり免疫機能もおかしくします。

陰陽は相対的なもので、静は陰と動は陽です。物質の関しては形があるものは陰、空気のように形のないものは陽なので、気血津液精を分けると気は陽で血津液精は陰になります。
陰虚は血津液精の不足は陰虚です。
つまり身体の形態に関わる部分が足りない、衰えという事が陰虚です。

なかなか理解しにくい部分ですが、とても大事な事だと理解しています。
糖尿病の原因の1つに素体陰虚があるので、体質的に陰虚があれば病気にならないうちに陰を補う(滋陰)すればいいのではないでしょうか?

特に先天と関係の深い腎陰を補うと良いです。
六味丸・杞菊地黄丸・八仙丸など体質改善の為、また滋養剤として使えます。

糖尿病がこわいのは血液中の糖が多い事で次に起こってくる病気、つまり合併症です。
糖尿病性腎症・糖尿病網膜症・糖尿病性神経障害・壊疽などすべて瘀血です。
糖尿病における血瘀証の研究はすすんでいます。
丹参・赤芍・川芎などの活血化瘀薬を服用すると血瘀証の予防になります。
瘀血の状態が酷い時は水蛭などの破血薬も使います。

また疲れやすい・息切れしやすいなどの気虚の症状を伴う時は単なる気虚でなく気陰両虚の場合も多く麦味参顆粒もつかえます。

消渇と関係が深いのは肺・胃・腎ですが五臓は相生相剋の関係で影響しあっていますし特に肝は『疏泄を主る』といい気のスムーズな動きと関係しているので大きく影響します。

肝はストレスと関係が深くストレスを受けるとスムーズな気の流れが滞ります。停滞は化熱を生むので壮熱とも関係します。

生理学でもストレスにより身体の血糖を上げるようにする仕組みが働く事がわかっています。
昔、狩りをするときや敵と戦う時にエネルギーが沢山必要だった事を身体が覚えているのではないでしょうか?

とにかく、身体の声を聞き体調の変化に柔軟に対処して身体のバランスをとっておくことが一番の予防だと思います。
もちろん、食養生や生活の養生をすることは欠かせません。

糖尿病の生薬製剤

シノミッテル  ホノミ漢方(剤盛堂)

効能 効果:糖尿病、血糖増加による口渇
約1月分 税込み 15,336円です。

エゾノリレンソウ配合
エゾノリレンソウは北海道の猿払川の川沿いに自生する植物で血糖をさげると言われています。
是非 お試し下さい。