ご挨拶

薬眞堂薬局 小手指店店内 皆様 こんにちは。薬眞堂薬局です。薬眞堂薬局では30年以上の豊富な経験を持つ薬剤師がご相談を伺っております。

 中医学漢方では陰陽の調和、気血津液・五臓六腑の円滑な機能の維持によって、恒常性が保たれ健康でいられると考えられています。それが崩れると体調も崩れ病気になる事もあります。

 ですから中医学漢方において身体の状態の把握は重要なポイントです。不妊症・更年期障害・生理痛・生理不順など気血精の不足、また気血の巡りの悪い状態の事が多く、それには肝・腎・脾が深く関わります。腰痛・関節痛・坐骨神経痛も肝腎の衰えが元になっている事が多く、アトピー性皮膚炎は脾が関わっている事がよくあります。

 このような中医漢方の見方に立ち、確かな弁証論治の力で 自然治癒力を高める身体作りをしていきませんか?

 是非お気軽にご相談下さい。

薬眞堂薬局からのお知らせ!

やっと涼しくなってきました。大陸の高気圧は乾燥した涼しい気候をもたらします。
酷暑の夏に痛んだ身体を早めに立て直しておきましょう。
夏の邪気の暑邪の性質は炎熱です。炎天下土はカラカラに干からびています。実は身体も同じです。皮膚・髪ばかりでばく粘膜も干からびています。
胃腸の調子が悪くなっている場合は摂り込みが弱いからなおさらです。
肺 特に秋は肺の季です。肺が干からびて粘膜に潤いがなくなると肺の繊毛の働きも悪くなるため花粉・ほこり・細菌・ウイルスなどを容易に侵入させてしまいます。
◇侵入されない身体づくり・・・衛益顆粒・麦味散顆粒・八仙丸  白龍散(養生食品)
◇侵入を防ぐ 板藍茶や板藍のど飴(養生食品)
肌や髪 肌の乾燥や抜け毛に悩むときは婦宝当帰膠などの補血薬で血の滋養力を強化しましょう。乾燥が酷いときは美肌オイルの紅沙棘も飲んでください。また艶麗丹は美容効果だけでなく“肺気を補い肺火を消す”西洋人参も入っています。
新発売! 目の養生食品『睛明丹』が発売されました。
それはどんなものでしょう?杞菊地黄丸とはどう違うでしょう?
杞菊地黄丸は肝腎不足に目の衰えや眼精疲労の時に服用します。
睛明丹は白内障や緑内障の予防や症状の緩和に使える食品です。
石決明・白僵蚕・決明子・菊花・琥珀などがはいっていますが、石決明はアワビの殻で、退翳の効があるとされています。翳には「かげる」「くもり」などの意味があります。角膜が混濁している状態はかげりのある状態といえます。石決明と白僵蚕は平肝熄風薬に分類されていて振顫など色々応用できます。

□薬眞堂狭山台店からのお知らせ
中医学講座『めまいと五臓』
日時:10月18日(木曜日)10時30分から12時
費用:500円(資料代として)
*受講希望の方は10月15日月曜日までに狭山台店に連絡してください。
狭山台店 04(2958)2906

最新記事

  • 私達の勉強会

    平成30年9月16日 中医学勉強会 『中薬学と方剤学』                                                                                 武藤 …

    平成30年9月 勉強会

  • 私達の勉強会

    平成30年7月22日 中医学勉強会 『美と健康の為の中成薬応用』                                      中医学講師 医学博士 張立也 ◇中医学の眼科で使われている中薬を使った食品ができ …

    平成30年7月 勉強会

  • 病気と漢方

    「現在、人は遺伝子的に120歳までといわれているけど、将来150歳までになるといわれだしているそうだよ。」 「そうするとやはり腎を補わないとね。」 「さらに肝も重要だよ。肝の事を言わない人もいるけどね。」 「でも、脾胃が …

    人生150年時代になるのか?というニュースが!!

子宝相談

中医学漢方で身体づくりしましょう。

元気な赤ちゃん 中医学漢方で身体作りするならば、中医学漢方の理論が大切です。何故なら、薬効で使うのでなく、身体のバランスのひずみを少しでも改善する為のアプローチだからです。

 

 

二七にして天癸至り、任脈通じ、太衝の脈盛んにして、月事時を以って下る。故に子有り。

 月事時を以ってくだるとは月経がはじまるという意味です。腎は生長・発育・生殖を主るといって、人の発育は腎気の充実を関係しています。二七(14歳)くらいになると腎気は益々盛んになって天癸(生殖機能の成熟を促す物質で腎気と密接な関係がある)至りる。

 そして衝任の二脈に通じて子供できるようになります。これは脾・肝・腎と血海(胞宮)をつないでいます。ですから生殖機能において腎は重要ですが、肝・脾も重要です。ただし五臓は相生相克で関係している事も忘れてはいけません。また督脈・帯脈も胞宮の正常な生理機能の保持に大切です。

月経周期に合わせて漢方を考える。

妊娠中 基礎体温をみると女性の身体には周期がある事がわかります。ちょうど夜と昼が繰り返しくるように、低温期と高温期が繰り替えされます。低温期は陰 高温期は陽の時期にあたります。

 また月経期は陽が極まって陰に転化、排卵期は陰が極まって陽に転化するという動きのある時期です。この考えに合わせて漢方や漢方食品を運用していきます。

痰湿瘀血が正常な営みを邪魔している。

 痰湿や瘀血は経絡や血脈の気血の流れを阻害するものです。これらは病理副産物ですが、なぜこの状態になったかを考えて 解消する必要があります。

寒と熱

 胞宮をとりまく環境は冷えも熱もよくありません。冷えて血行がわるくなれば瘀血のもとですし、熱は気や精血の消耗につながります。熱はストレスと関係した肝鬱化火や陰虚による虚熱、また 血熱や心肝火旺などいろいろな状態が考えられます。

 自分の状態を知って身体づくりしましょう。

平成30年9月 勉強会

平成30年9月16日 中医学勉強会

『中薬学と方剤学』                                                                                 武藤 勝俊先生

武藤先生はまだ中医学が今のように浸透していない時代に中国留学にして北京中医薬大学を卒業なさっています。
30年少し前、漢方は大塚敬節や森道伯など日本の漢方家の本で学んでいたものの中医学に関しては学び始めでしたので、武藤先生に中医学の基礎理論を教えていただきました。
今回は中医学の基礎に戻って中薬学・方剤学をみてみましょうという事でした。

中薬について
薬学部では薬効のある動植物は生薬といい薬用部分や成分など学ぶのは生薬学といいます。
中医学では効能のある動植物を中薬といいます。
生薬学とは全く異なる形式で分類されています。この中薬はどういう状況の時にどういう使い方をするのかという事が分類の基本になっているように思います。

中薬学の基本になっている書物はいろいろありますが、最古の薬学専門書は『神農本草経』です。
中薬を上品・中品・下品に分けています
上品…命を養う薬。長期に服用しても害がなく、抵抗力や治癒力を高める。
中品…養生を目的にした薬。病気予防・体力増強に用いる。
下品…病気を治す薬。薬効が強いが毒性も高いので長期に服用するには注意が必要。
*『命を養う力のあるものを上品とする』この事は予防していく事に重きを置いていた事がわかります。私たちは時々病の方ばかり見ていて、命の事を振り返らない事があるように感じます。

医者についての記述もあります。
上医は未だ病まざる者の病を治し
中医は病まんとする者の病を治し
下医はすでに病みたる者の病を治す。
*この理屈から言えば西洋医学の医師は下医という事になりそうです。現代社会においては病院や医院は病気になったら行くところなので仕方ないと思います。
病になってしまえば、治療は大変になってしまいます。抗生物質などもない時代には病にならない事が一番大切だったのだと思います。
それでも副作用の大きい下薬を服用しない為にも、自分の体質や状態に留意して体質を強化しておくことや、病気の芽を摘んでおく事が大切です。
体質を知る手立ては中医学には沢山あります。

中薬学では産地や採集時期など規定されています。
*これは生薬学も同じです。たとえばドクダミは花期全草とかで、一番薬効のある時期です。
また、植物の種や球根を持って行って別の土地に植えても同じ薬効が得られない事も多くみられます。

炮製
毒性や刺激性の軽減や除去・薬性の改変や効果の増強・貯蔵や保存の便宜性などの為に行う様々な作業。
例えば附子は猛毒のトリカブトの根ですが、熱や塩や圧力などで毒性を減弱したものです。
*そういえば石川県でふぐの卵巣を何年か塩蔵したのちまた時間をかけて粕漬けにして無毒化して食べる珍味があるそうです。

寒・熱・温・涼に分けたり、味を示したりしています、味は薬性と関係しているからです。
例えば当帰は甘・辛・苦・温と記されています。
この表示だけでも当帰は補益性があり、穏やかで、気血を巡らし、冷えをとり便通などもよくなるという事を示唆しています。
また、昇・降・浮・沈の性質がしめされています。

帰経(中薬が作用する経絡や臓腑)・毒性・配合・禁忌(配合・妊娠・飲食物)・用法用量などとても細かく記載されています。

分類
中薬学では効能によって薬物を分類しています。
解表薬・清熱薬・瀉下剤・芳香化湿剤など19項目に分類されています。
しかし動植物ですから効能は1つではありません。
たとえば晶三仙に入っている山査子は消道薬に分類されていますが破気化瘀の働きがあるので産後の瘀阻に使われると書いてあります。

方剤学について
治療の方法や方剤の効能やその処方の意味について書かれているのが方剤学です。
*つまり漢方薬には処方があります。その内容が方剤学には書いてあります。
たとえば、よく知られている葛根湯は麻黄・桂枝・芍薬・大棗・生姜・甘草・葛根が処方内容です。
葛根湯は解表剤に分類されます。解表は汗を出して風邪(ふうじゃ)を除く事です。
解表剤は更に1、辛温解表 2、辛涼解表 3、扶正解表に分類されています。
感冒にかかった場合、体質や症状の出方によって使う漢方薬が違うので分類しています。
冷えや寒気が強いのなどの場合は風の邪気だけでなく寒の邪気も入っているので、体を温めて発汗する方法辛温解表という方法を用い辛温解表剤の中から適したものを選ぶ事になります。
また、風の邪気と熱の邪気が入った場合は、熱を温めると熱は更に過熱されるので、こんどは涼しくさせながら発汗する辛涼解表という方法で治療します。その場合は辛涼解表剤の中から適した方剤を選びます。
また、体質が虚弱で正気の虚があるときは発汗により体力を更に低下してはいけないので正気を扶助しながら発汗する扶正解表という方法で治療します。その場合に使うのが扶正解表剤に分類される方剤です。

ただ 解表剤の所に分類されていなくても解表できる方剤もあります。
勝湿顆粒は芳香化湿剤に分類されていますが、効能は解表化湿・理気和中ですから解表の働きをもっています。

方剤の処方だけでは足りない場合の加減について書いてあります。

*加える事によって働きとして足りなかったり、または働きを強化するために中薬をくわえたり、あるいは方剤ごと加えたりします。
板藍茶や五行草茶やサージその他漢方食品としてでているものは加える為に出ているといっても言い過ぎではないと思います。
もちろん単味でも働きがあるのですが、相乗効果が期待できると思います。