ご挨拶

薬眞堂薬局 小手指店店内 皆様 こんにちは。薬眞堂薬局です。薬眞堂薬局では30年以上の豊富な経験を持つ薬剤師がご相談を伺っております。

 中医学漢方では陰陽の調和、気血津液・五臓六腑の円滑な機能の維持によって、恒常性が保たれ健康でいられると考えられています。それが崩れると体調も崩れ病気になる事もあります。

 ですから中医学漢方において身体の状態の把握は重要なポイントです。不妊症・更年期障害・生理痛・生理不順など気血精の不足、また気血の巡りの悪い状態の事が多く、それには肝・腎・脾が深く関わります。腰痛・関節痛・坐骨神経痛も肝腎の衰えが元になっている事が多く、アトピー性皮膚炎は脾が関わっている事がよくあります。

 このような中医漢方の見方に立ち、確かな弁証論治の力で 自然治癒力を高める身体作りをしていきませんか?

 是非お気軽にご相談下さい。

薬眞堂薬局からのお知らせ!

銀杏■朝晩は少し過ごしやすくなりましたがまだまだ湿度が高いです
この時期は食欲不振・軟便下痢・疲れやすいなど脾の働きの弱りが見られる事が多いです
健脾の漢方薬を服用してみましょう
 眠りが浅い・不安感など伴う時は・・・心脾顆粒
 胃の調子がわるく・お腹が張るなど気滞症状を伴う時は・・・健胃顆粒
 下痢しやすい時は・・・健脾散エキス顆粒
 お腹がすかない・もたれしやすい等は・・・晶三仙
■新型コロナの陽性者の数が減少傾向です
しかし 新学期が始まり今までかからなかった人たちの間で増えてきています
漢方の知恵を利用してウイルスと戦う身体の力をバックアップしてください
発熱は免疫反応だという事も考慮して上手に解熱剤を使って下さい
*テルモのホームページです
発熱のメカニズム | 体温の基礎知識 | 体温と健康 | テルモ体温研究所 (terumo-taion.jp)
*生理学研究所のこんな文章あります
免疫をになう細胞「マクロファージ」が体温で活発になる仕組みを解明―過酸化水素によって温度センサーTRPM2がスイッチ・オンする分子メカニズム― - 生理学研究所 (nips.ac.jp)

最新記事

  • 病気と漢方

    秋は五行の金・五臓の肺の季です また五色は白・五気は燥・五味では辛・五化では収が同列です 陽気の収まり 黄帝内経の四気調神大論に季節の持つ意味と養生が書かれています 秋の三か月を容平というそうです それは夏に盛んだった陽 …

    秋の養生

  • 病気と漢方

    昔から夏は暑いものです ただ近年の暑さは異常で『危険な暑さ』といわれるくらいの時もあります しかし昔と違ってエアコンが普及しているので何とか過ごせますがその分身体が暑さに順応できなくなっている面もあります 黄帝内経に夏の …

    夏の養生と漢方

  • 病気と漢方

    近くの物が見えにくい老眼は不便なものです しかし年と伴に目のピント調節機能が衰えて近くのものに焦点があわせられなくなってきます 老化の速さは人によって違いますが、老化しない人はいません 目も同じです しかし最近は若い人の …

    老眼の話

子宝相談

中医学漢方で身体づくりしましょう。

元気な赤ちゃん 中医学漢方で身体作りするならば、中医学漢方の理論が大切です。何故なら、薬効で使うのでなく、身体のバランスのひずみを少しでも改善する為のアプローチだからです。

 

 

二七にして天癸至り、任脈通じ、太衝の脈盛んにして、月事時を以って下る。故に子有り。

 月事時を以ってくだるとは月経がはじまるという意味です。腎は生長・発育・生殖を主るといって、人の発育は腎気の充実を関係しています。二七(14歳)くらいになると腎気は益々盛んになって天癸(生殖機能の成熟を促す物質で腎気と密接な関係がある)至りる。

 そして衝任の二脈に通じて子供できるようになります。これは脾・肝・腎と血海(胞宮)をつないでいます。ですから生殖機能において腎は重要ですが、肝・脾も重要です。ただし五臓は相生相克で関係している事も忘れてはいけません。また督脈・帯脈も胞宮の正常な生理機能の保持に大切です。

月経周期に合わせて漢方を考える。

妊娠中 基礎体温をみると女性の身体には周期がある事がわかります。ちょうど夜と昼が繰り返しくるように、低温期と高温期が繰り替えされます。低温期は陰 高温期は陽の時期にあたります。

 また月経期は陽が極まって陰に転化、排卵期は陰が極まって陽に転化するという動きのある時期です。この考えに合わせて漢方や漢方食品を運用していきます。

痰湿瘀血が正常な営みを邪魔している。

 痰湿や瘀血は経絡や血脈の気血の流れを阻害するものです。これらは病理副産物ですが、なぜこの状態になったかを考えて 解消する必要があります。

寒と熱

 胞宮をとりまく環境は冷えも熱もよくありません。冷えて血行がわるくなれば瘀血のもとですし、熱は気や精血の消耗につながります。熱はストレスと関係した肝鬱化火や陰虚による虚熱、また 血熱や心肝火旺などいろいろな状態が考えられます。

 自分の状態を知って身体づくりしましょう。

秋の養生

秋は五行の金・五臓の肺の季です
また五色は白・五気は燥・五味では辛・五化では収が同列です

陽気の収まり

黄帝内経の四気調神大論に季節の持つ意味と養生が書かれています
秋の三か月を容平というそうです
それは夏に盛んだった陽気が収まって実を結び、あるいは紅葉して静かな終焉の時期を迎えているというような意味だそうです
紅葉は葉が葉緑素をしまうため色々な色になるそうですが、やはり収めるという事だと思います
つまり自然のリズムに合わせるという事は春から夏にかけて陽気が活発になる時期は心も身体も活発にし、秋から冬にかけては収めていく・・・つまり心を静かに穏やかに過ごすという事のようです

肺を大事に

『使肺気清』・・・肺気を清ならしむ

肺の機能を守っていくという事です
肺は嬌臟(弱い臟)といわれていますが、理由は外界に通じていて影響を受けやすいからです
新型コロナもエアロゾル感染で殆どが吸い込んで発生する事からも肺がいかに危険にさらされているかがわかります
鼻や咽は肺に通じるので肺のグループです
粘液中に免疫細胞がありますし粘膜が潤っていると異物を排泄する繊毛の働きも良いので外界の邪気に対し防衛力となります
夏は暑く汗も多い為、津液の消耗は秋に肺の潤い不足(肺陰虚)になる事も多いので注意が必要です
秋バテに麦味参顆粒をよく使うのは肺気陰両虚の状態だからです

肺と鼻

『肺は鼻に開竅する』といいます
また 鼻とのどは『呼吸の門戸』ともいうそうです
鼻は外邪の侵入口ですからここで防がなくてはなりません

くしゃみ・鼻水・鼻づまりなども防衛反応といえます
また『涕(てい)は肺の液』といいますが、鼻の粘膜を潤し防衛しています
その他『肺は皮毛に合す』といい寒さに対して毛穴を閉る・発汗による体温調節も肺との関係で考えます

肺の食養生


肺は五色では白・五味では辛が関係しています
白といえば大根・レンコン・白ネギ・長いも・牛乳・豆腐など色々思い浮かびます
また辛味ではネギや生姜、生の大根・にらなど思い浮かぶと思います
秋に美味しい梨は皮が桑杏湯という漢方薬にもつかわれています
空咳の人は梨を皮ごと2つ割りにし種をとった所に蜂蜜を入れ蒸して食べて下さい

*風邪の予防も大事です

防衛力を強化の衛益顆粒と清熱解毒の板藍茶を活用してください