ご挨拶

薬眞堂薬局 小手指店店内 皆様 こんにちは。薬眞堂薬局です。薬眞堂薬局では30年以上の豊富な経験を持つ薬剤師がご相談を伺っております。

 中医学漢方では陰陽の調和、気血津液・五臓六腑の円滑な機能の維持によって、恒常性が保たれ健康でいられると考えられています。それが崩れると体調も崩れ病気になる事もあります。

 ですから中医学漢方において身体の状態の把握は重要なポイントです。不妊症・更年期障害・生理痛・生理不順など気血精の不足、また気血の巡りの悪い状態の事が多く、それには肝・腎・脾が深く関わります。腰痛・関節痛・坐骨神経痛も肝腎の衰えが元になっている事が多く、アトピー性皮膚炎は脾が関わっている事がよくあります。

 このような中医漢方の見方に立ち、確かな弁証論治の力で 自然治癒力を高める身体作りをしていきませんか?

 是非お気軽にご相談下さい。

薬眞堂薬局からのお知らせ!

■もう立春、本格的な春も近いですが花粉症の人にとっては辛い季節です
今から衛益顆粒(玉屏風散)で益気固表し花粉の対策して下さい





       

最新記事

  • 病気と漢方

    嫌われ者も漢方 サソリ・ミミズ等嫌われ者も古代からの沢山の経験則により性味・帰経・働きなどが中薬学に記されている中薬の1つです 平肝熄風薬に分類されています 聞きなれない言葉だと思いますが、中薬学に『肝経に入って内風を平 …

    全蠍

  • 病気と漢方

    骨粗鬆症と骨折 骨粗鬆症と骨折は密接な関係があります 先日“今日の健康”を見ていたら整形外科の医師が「骨卒中」という衝撃的な言葉を使っていました 高齢者が背骨や足の付け根の骨折を繰り返すと寝たきりになりやすく死亡リスクも …

    骨粗鬆症と骨折

  • 病気と漢方

    年齢と伴に足腰の衰えを感じるものです 骨と筋肉は協力して私達の身体を支えてくれています 足腰の衰えを感じるのはそのどちらも弱くなっているからだと思います 特に筋肉をつける運動をする事は骨や関節の支えとしても大切です *脾 …

    足腰の衰えと痛み

子宝相談

中医学漢方で身体づくりしましょう。

元気な赤ちゃん 中医学漢方で身体作りするならば、中医学漢方の理論が大切です。何故なら、薬効で使うのでなく、身体のバランスのひずみを少しでも改善する為のアプローチだからです。

 

 

二七にして天癸至り、任脈通じ、太衝の脈盛んにして、月事時を以って下る。故に子有り。

 月事時を以ってくだるとは月経がはじまるという意味です。腎は生長・発育・生殖を主るといって、人の発育は腎気の充実を関係しています。二七(14歳)くらいになると腎気は益々盛んになって天癸(生殖機能の成熟を促す物質で腎気と密接な関係がある)至りる。

 そして衝任の二脈に通じて子供できるようになります。これは脾・肝・腎と血海(胞宮)をつないでいます。ですから生殖機能において腎は重要ですが、肝・脾も重要です。ただし五臓は相生相克で関係している事も忘れてはいけません。また督脈・帯脈も胞宮の正常な生理機能の保持に大切です。

月経周期に合わせて漢方を考える。

妊娠中 基礎体温をみると女性の身体には周期がある事がわかります。ちょうど夜と昼が繰り返しくるように、低温期と高温期が繰り替えされます。低温期は陰 高温期は陽の時期にあたります。

 また月経期は陽が極まって陰に転化、排卵期は陰が極まって陽に転化するという動きのある時期です。この考えに合わせて漢方や漢方食品を運用していきます。

痰湿瘀血が正常な営みを邪魔している。

 痰湿や瘀血は経絡や血脈の気血の流れを阻害するものです。これらは病理副産物ですが、なぜこの状態になったかを考えて 解消する必要があります。

寒と熱

 胞宮をとりまく環境は冷えも熱もよくありません。冷えて血行がわるくなれば瘀血のもとですし、熱は気や精血の消耗につながります。熱はストレスと関係した肝鬱化火や陰虚による虚熱、また 血熱や心肝火旺などいろいろな状態が考えられます。

 自分の状態を知って身体づくりしましょう。

全蠍

嫌われ者も漢方

サソリ・ミミズ等嫌われ者も古代からの沢山の経験則により性味・帰経・働きなどが中薬学に記されている中薬の1つです
平肝熄風薬に分類されています
聞きなれない言葉だと思いますが、中薬学に『肝経に入って内風を平熄し肝陽を平定する薬物を平肝熄風薬という』とかいてあります
『平肝熄風薬には清肝・潜陽・鎮痙などの効能があり、高熱による意識障害・痙攣・ひきつり・後弓反張・肝陽偏亢・肝風上旋による眩暈・頭痛・顔面紅潮、はなはだしいと肝風内動による・・・・・・・。なお、虫類の薬物には通絡の効能があり、風湿痺の疼痛・しびれに応用できる』(中薬学より)

ミミズは日本でも昔から熱さましとして使われてきました
地竜という名で総合感冒薬に配合されている事もあります
子供の頃熱を出すと地竜を煎じて飲ませてもらっていました
節模様のある平たい紐みたいな感じでミミズとは知りませんでした
中薬学をみると①清熱熄風・定驚 ②精肺平喘 ③行経通絡 ④利水通淋となっています
③の行経通絡ですが経絡を行かせ通じさせるという事です
経絡という言葉は馴染みのない人も多いと思いますが、簡単に言うと人体の内と外・上と下など全身をくまなく網羅している気血を運行の通路です
不通則痛・・・通じなければ則ち痛みになるという意味ですから通じれば痛みがとれるという事になります

蠍(サソリ)の処方用名は全蠍(ぜんかつ)
①熄風止痙②活絡止痛③攻毒散結と書いてあります
毒のあるサソリですが中医学には「毒を以て毒を制す」という言葉があります
清朝末期の頃の名医 張錫純の医学折衷参西録に全蠍を使った話が出ている
顎下に時毒により生じた堅い腫脹に壁の上にいた全蠍7匹を焙って焦がし末にして黄酒で服用させ3日で腫脹が消えたとかいてあります
昔の事ではありますが、その場で手に入れて調理し治療した事に驚くと伴にこういった療法が人の暮らしの中にあったのだと感じます

これ等に加えキダ・白僵蚕・蘇合香など入った食品(星火活絡丹)が新発売になりました
詳しくはこちら↓
星火活絡丹 | 製品紹介 | イスクラ産業株式会社 (iskra.co.jp)